食品由来原料でつくられた本格オーガニック化粧品

成分辞典

五十音で探す

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • ら

あで始まる成分

成分名 分類 用途・作用・由来など 由来原料 オーガニック
アーモンド油 油分(エモリエント成分) 中東が原産のスイートアーモンドの種子を低温で圧搾することで得られるオイル。保湿効果の高いオレイン酸を多く含み、各種ビタミンやミネラルを含む肌なじみのよいオイルです。もっとも古くからマッサージ用として使用されてきたオイルとも言われています。 アーモンド
アオモジ果実油 精油(香り成分) クスノキ科アオモジの果実を水蒸気蒸留することで得られる芳香成分。レモンのような爽やかさと共にスパイシーな香りを合わせ持つのが特徴です。きりっとしたアクセントのある香りには、気持ちを落ち着かせてくれる働きがあります。 アオモジ
アボカド油 油分(エモリエント成分) フレッシュなアボカドの果実をスライスして乾燥させた後、低温で圧搾すると得られるオイル。オレイン酸をはじめとする数種の脂肪酸やビタミンAの他、肌の水分量を保つ効果のある植物ステロールといった成分を含んでいます。肌への親和性がよく、ハリや弾力性を保つ効果があります。 アボカド
アルガニアスピノサ核油 油分(エモリエント成分) モロッコ南西部に生育する固有の木“アルガンツリー”の種子からわずかしか採れない希少なオイルで、低温圧搾することにより得られます。『モロッコの黄金』と呼ばれるアルガンオイルは、美肌を誇るモロッコ人女性の間で、美や健康を保つために使われています。肌を保護するリノール酸などの必須脂肪酸を豊富に含んでいます。 アルガン
イノシトール 保湿作用をもつ成分 米ぬかの油を絞った後の脱脂ぬかから抽出される成分。ビタミンBに似た作用を持つ糖質で、べとつきがなくさらりとした感触の保湿作用があります。
イランイラン花油 精油(香り成分) マレー語で『花の中の花』という意味をもつイランイランは、東南アジア地域からマダガスカルなどに広く分布する熱帯樹木で、一年中可憐な花を咲かせます。その花から抽出した芳香成分はとても濃厚で甘くオリエンタルな香調で緊張をやわらげる効果があります。 イランイラン
エーデルワイスエキス 植物エキス 「アルプスの永久花」の名でも知られているヨーロッパ・アルプス原産の植物エーデルワイスから抽出されるエキス。タンニンやフラボノイドなどの成分を含み、また高地のきびしい自然環境の中で生き残るために備わった、高い保湿作用もあります。 エーデルワイス
エタノール その他 サトウキビなどの糖を発酵分解させることで得られるアルコール。植物エキスの抽出液として使用するほか、毛穴を引き締め、キメを整える目的で化粧品に配合されます。 サトウキビ
オタネニンジン根エキス 植物エキス “高麗ニンジン”の名で広く知られているオタネネンジンの根から抽出されるエキス。
糖タンパクとサポニンを含み、高い保湿効果があります。
オタネニンジン
オレンジ果実水 芳香水 オーガニックのオレンジ果実を水蒸気蒸留して得られる果実水。ほんのり香りながら肌にうるおいを与えます。
オレンジ(果実)
オレンジ油 / オレンジ果皮油 精油(香り成分) オレンジ・スイートの果皮(果実)を圧搾することで得られる芳香成分。オレンジ・スイートは世界で最も多く生産されているフルーツの代表であり、甘く爽やかな柑橘系の香りは、年齢・性別問わず好まれる香りの一つです。 オレンジ(果皮・果実)
オレンジ花油 精油(香り成分) オレンジの花を水蒸気蒸留することで得られる芳香成分。一般的には“ネロリ”という名で広く知られています。爽やかな柑橘系の明るさと、フローラルな優美さをあわせ持つ香調は、数ある精油の中で最高に美しいと称されるほどです。精油の原料には咲いたばかりの花しか使用できず、花びら1tからわずか1kgの精油しか得られないため、花から採れる精油の中でもっとも高価な精油です。 オレンジ(花)

ページトップへ

  • 素肌レシピの想い
  • オーガニックへのこだわり
  • 肌実感へのこだわり
  • 食品由来原料へのこだわり
  • 成分辞典