食品由来原料でつくられた本格オーガニック化粧品

ワンポイントアドバイス

ミルキーメイクオフ

商品はこちら

肌想いクレンジング術

  • 技ありメイク直し術
    蒸しタオルを利用するか、入浴時、先に湯船につかるなどして、毛穴を事前に開きます。
    ※蒸しタオルをご使用になる場合は、やけどにご注意してください。
  • 技ありメイク直し術
    本品を多めにとり、顔の中で皮脂が多い部分からデリケートな部分へと順番に、メイクとなじませます。指の腹を使いやさしくなでるようにするのがポイント。顔全体になじませる時間は1分以内に。マッサージしすぎると肌に負担をかけてしまいます。
  • 泡クッション洗顔術
    洗い流す時は、手が直接顔に触れないようやさしくすすいでください。

ホイップウォッシュ(ノーマル/モイスト)

商品はこちら

泡クッション洗顔術

  • 泡クッション洗顔術
    水またはぬるま湯で顔を予洗いします。
    本品を手にとり、水を加えて空気を含ませるように泡立てます。うまく泡立たない時はさらに水を加えて泡立ててください。
  • POINT
    泡立てネットを使うと、よりたっぷり濃密な泡立ちになります。
  • 泡クッション洗顔術
    肌と手の間に泡のクッションをはさんでいるような状態で、泡で顔を包み込むように洗います。

フレッシュスキンウォーター(ノーマル/モイスト)

商品はこちら

コットンパック術

  • コットンパック術
    本品をコットンがひたひたになるくらいたっぷり含ませます。
    乾燥の気になる部分(目元、口のまわり、頬など)にコットンをのせ、3~5分置きます。
  • POINT
    コットンを長時間のせたままにしておくと肌の水分がうばわれてしまうので、5分程度のパックをおすすめします。
  • コットンパック術
    コットンをはがし、手で化粧水を肌になじませ、乳液またはクリームで保湿してください。

スムージーミルク

商品はこちら

技ありメイク直し術

  • 技ありメイク直し術
    コットンに本品を適量含ませ、乾燥の気になる部分のメイクを軽く拭き取ります。
  • 技ありメイク直し術
    その後、ファンデーションなどでメイク直しすると、しっとりとしたツヤ肌に。
  • POINT
    日やけが気になる場合は、日やけ止めをご使用ください。

モイスチャークリーム

商品はこちら

かんたんマッサージ術

  • かんたんマッサージ術
    本品をたっぷり指先にとって肌にのばします。
  • かんたんマッサージ術
    下から上へらせんを描きながら、顔の中心から外側(こめかみ)に向かってマッサージすると、さらにふっくらやわらか肌に。

ドライケアオイル

商品はこちら

週末スペシャルケア術

  • 週末スペシャルケア術
    本品4~5プッシュ分を肌にのばし、下から上へらせんを描きながら、顔の中心から外側(こめかみ)に向かって1~2分間程度マッサージします。
  • 週末スペシャルケア術
    オイルが肌に残った状態で、上から蒸しタオルを乗せ1~2分置いてください。その後、手のひらで軽く押さえてなじませると、すいつくようなやわらか肌に。
  • POINT
    蒸しタオルをご使用になる場合は、やけどにご注意ください。

ページトップへ