素肌レシピの情報ページ「素肌マルシェ」| 開発ストーリー |

 

お肌のための情報市場 − 素肌マルシェ −



前回の0話で、素肌レシピ誕生の様子をご紹介しました「開発STORY」。今回は「ホイップウォッシュ(洗顔料)」の開発秘話を、開発チームのアリヨシに聞いてみました!



このホイップウォッシュは、洗顔した後のすっきり感だけじゃなくて、つっぱらずにうるおいを残した洗い上がりを目標に開発しました。
この相反するようなふたつの感覚を両立させることが、最大の難関だったな。
当然、洗顔は洗い流してしまうものだから、いかに肌に必要な保湿成分を残してしっとり洗い上げるかが課題で、これにはかなり苦労したよ…。
ノーマルとモイストの使用感の違いをしっかり特徴づけることも大事だったしね!
例えばラウレス硫酸Naとか合成成分を配合すれば、比較的泡立ちを良くすることは簡単だけど、素肌レシピでは原料の厳しい選定基準があるから、それは使えない。
だから、天然由来成分だけでいかに泡立ちを良くするか、世界中から原料を取り寄せて挑戦の日々でしたね。

毎日試作して、顔を洗って確かめる。配合を変え、ちょっとずつ試す。
この繰り返しを300回くらいやっていたら、ある日「これはいけそう」っていうきっかけをつかんだんだ!繰り返しの洗顔という過酷な状況に耐えて、努力が実った瞬間だったなぁ。
試作でうまくいったから実際に工場で作ってみたら、普通の洗顔料と比べて、泡立ちが良すぎたみたい。おかげで排水が泡だらけ!工場でその処理をするのがものすごく大変だった(笑)

あと、最初さっぱりした使い心地にしようと思ってミントの香りにしたら「スースーしてハミガキ粉みたい」ってかなり不評で。洗った感じもスッキリしすぎだし、試作品を捨てるのももったいないので「お掃除用クリーナー」として社内で使ってもらったんだけど、それはかなり好評だった…!
それは私も使いました!給湯室のシンクがピカピカになった(笑)

弾力のあるきめ細かい泡がムクムクと泡立つので、なでるように広げるだけで洗顔ができちゃいます。
洗い流すのがもったいないくらい気持ちがいいし、それでいて、すすぐ時には泡切れが良いのも嬉しいポイント。ゴシゴシすすがなくても、水をあてるだけで泡切れスッキリ!肌に必要なうるおいも感じられます。

実は試作品をテストした段階で「これはスゴイものができた!」と、ひそかに思っていました。
この気持ち良さ、ぜひ体感してほしいです!







素肌レシピの開発裏話を連載でお届けする『開発STORY』
不定期連載でアイテムごとに、その裏に隠されたエピソードや想いをお伝えしていきます!