食品由来原料でつくられた本格オーガニック化粧品

アーモンド油

こんなところで採れています

原産地は西から中央アジア一帯。初期の原種アーモンドは、天山山脈西方の山裾からチグリス・ユーフラテス河流域にかけ進化を続け、小さなとげのある木に、硬い殻に覆われた小さな苦い実をつけるようになり、その後西から中央アジア一帯にバラエティに富んだ風味を持つ植物となって分布するようになりました。

こんなふうに使われています

世界のナッツのうち最も食されているのがアーモンドで、アーモンドチョコレートやマフィン、マカロンといった製菓で主に使われています。
オイルとしては、欧米でべビーオイルとしてよく使われています。

  • バオバブ種子油
  • タモギタケエキス
  • アーモンド油
  • マカデミアナッツ油
  • ニンジン根エキス
  • トマト果実/葉/茎エキス
  • シロキクラゲ多糖体
  • コメ由来 グルコシルセラミド
  • アルガンオイル
  • オレンジ果実水
  • オタネニンジン 根エキス
  • ビルベリー葉エキス

ページトップへ

  • 素肌レシピの想い
  • オーガニックへのこだわり
  • 肌実感へのこだわり
  • 食品由来原料へのこだわり
  • 成分辞典